化粧の仕方が分からない!ニキビ跡を隠すため厚塗りになり化粧が崩れる

ニキビ跡があると、どうしてもそれを隠すためにファンデが厚塗りになってしまいますよね…。

しかし、化粧をしてすぐは綺麗にお肌の状態を保つことはできても、時間の経過とともに化粧崩れを起こしてしまいます。

やはりどんなファンデでも、重ね塗りすれば厚塗りになって崩れてしまうものなんですよ…。

特にニキビ跡はお肌が凸凹な状態になっていますので、光の加減によってその凸凹が強調されてしまい、化粧崩れを起こすと余計に目立ってしまいます。

いろんな方法を自分で工夫しても結局崩れてしまうので「化粧の仕方が分からない…!」と悩んでいる方も多いが現状なんです。

では、化粧崩れしないメイク方法なんてあるのでしょうか?

ニキビ跡があっても化粧崩れしない!?崩れにくいメイク方法は?

化粧崩れしないメイク方法…。実はあります!

ニキビ跡があっても無くても、崩れにくいメイク方法なんて魅力的ですよね。

化粧崩れしないようにメイクするには、まず薄く塗ること。

しかも、ファンデとコンシーラーをうまく活用するんです。

ファンデだけだとカバー力が低いため、崩れないようにするとどうしても厚く塗るメイク方法になってしまいます。

しかし、コンシーラーを使えばニキビ跡だけを目立たなくできるので効果的なんです!
※ただし、小さなニキビ跡にのみ有効な方法です

最初にいつも使っているリキッドファンデーションを薄く全体に塗ります。

次にコンシーラーを少し指にとり、跡がある部分の上を軽くたたきます。
本当に薄く少しずつ重ねていくと凸凹が無い部分のお肌と馴染んでいくハズです。

しっかり周囲と馴染んだら、お粉を上から軽くたたきます。

コンシーラーもお粉も、指やパフで撫でるのではなく、必ず上からたたくことで崩れにくいメイクが出来上がりますよ!

化粧の仕方が分からない…!と悩んでいる人って、結局ファンデだけを厚塗りしている人が多いんです。

この機会に、コンシーラーを上手く利用し、”たたく”ということをポイントにした化粧崩れしないメイク方法に挑戦してみてください!

更新履歴